ニコニコする女性と薬

避妊薬の種類について

笑っている女性

男性と女性がこの世の中にいる限り、やはり性交渉というのはあるものです。
昔は子供ができたり産むという選択しかないような時代もありました。
しかし、今は妊娠なども調整をすることができるようになっています。
妊娠や出産のタイミングが合わなかったり、望まない妊娠をしないようにするためにも、避妊をしっかりとする必要があるのです。
避妊方法としては、錠剤の経口避妊薬を服用する方法や男性が性器につけるコンドームがあったり、手術をしたりすることや器具を挿入するなど、多様化しているので、しっかりと知識を身に付けて対応していくようにするといいでしょう。
特に最近では、女性が服用する経口避妊薬であるピルが浸透してきました。
これも女性が自分でできる避妊方法として、人気が出てきたためなのです。
避妊薬の種類としては、低用量ピルや中用量ピルがあります。
低用量ピルというのは、毎日服用することでホルモンバランスを整えることができて、女性の排卵を抑えることができるというものです。
排卵を抑えることで、精子と卵子が受精することもないので、妊娠の可能性がなくなるのです。
28日間で生理周期を固定できるので、生理不順や生理痛や歯印欄痛の緩和などに効果があるのです。
中用量ピルというのは、強めのホルモン剤であって、性交渉の後に72時間以内に服用することで、もしも体内に受精卵があったとしても、子宮の内膜に着床することを防ぐので、妊娠をしないという仕組みになっているのです。
これはアフターピル、モーニングピルともいわれるものであって、望まない性交渉や避妊の失敗の際などに服用するといいといわれます。
いずれの避妊薬にしても、産婦人科などを受診して処方してもらったりできますし、海外からの個人輸入によって入手が可能であったりするのです。