ニコニコする女性と薬
微笑む女性

高い避妊効果があるとしておすすめなのが低用量ピルです。
低用量ピルは経口避妊薬の一種で、女性ホルモンが含まれており卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンによって排卵を制御して避妊を行なう薬になります。
ホルモンが脳下垂体に働きかけることで、排卵を制御するほか、受精卵を着床させないために子宮内膜を変化し、精子を入り難くさせるために子宮頚管の粘膜を変化させる作用があります。
経口避妊薬であるピルは二種類あり、21錠入りと28錠入りのものが販売されています。
21錠タイプの物は1錠ずつ21日間毎日1錠ずつ服用していき、7日間休んでからまた服用を開始します。
28錠タイプは休みを入れずに毎日服用していくタイプになります。
毎日飲むことで飲み忘れを防ぐ効果があります。
正しい使い方としては、毎日できるだけ同じ時間に1錠飲んでいくだけです。
毎日同じ時間に携帯電話のアラームがなるように設定しておき、アラームが鳴ったら飲むというように習慣づけることがおすすめです。
飲み忘れたという場合には、1錠だけなら気がついた時点で飲めば通常通り避妊効果は持続します。
1日に2錠飲んでも問題ないとされており、2錠以上忘れた場合には服用をいったん中止して、生理が起こった時からまた再スタートしていきます。
誤った使い方として多いのが、3相の徐々にホルモン量が増えていくように配合されたものを間違って順番通りに飲めなかったというケースです。
このような場合、避妊効果には問題がないと考えられています。
しかし、2錠飲んでしまった場合は、不正出血がまれに見られるとされています。
この場合は休薬期間に入るのを薬に合わせて一日早くし、そのまま7日間休薬して次のシートに移行します。

記事一覧

望まない妊娠は中絶などの悲しい結果を招くことにもなるので、まだ妊娠を考えていないという女性は避妊薬を...

更年期障害に苦しめられている女性は世の中に大勢いますが、ほとんどの人が避妊薬を入手して更年期障害の対...

現在製造販売されている経口避妊薬というのは、1日に1錠ずつを毎日飲み続けるだけで、手軽に計画的な避妊...

避妊の方法として、わが国ではコンドームを使った方法が一般的ではありますが、この方法は避妊の主導権が男...

避妊薬を利用すると、その人によって出方は違いますが副作用を感じる事は少なくありません。 主な症状とし...

ピルという避妊薬が人気があります。 最近では仕事が忙しいという方も多く、そういった状態で結婚をしたり...

男性と女性がこの世の中にいる限り、やはり性交渉というのはあるものです。 昔は子供ができたり産むという...