そもそも金を相続すると「相続税」がかかる?買取店の利用について

「おばあさんの遺品整理をしていたら、たまたま金製の物が出てきた」

こうした金の物を見つけると一瞬嬉しいと思う反面、これって相続税がかかるのだろうか?もしかするとかなり高額な相続税を払わなければならないのではないか…と不安に思う人もけっこういます。

ここではまず、金を相続すると相続税がかかるのかという不安を解消していきましょう。

結論から言うと、基本的に金資産を相続すると相続税がかかるため申告が必要です。

金資産とは、インゴッド・地金型金貨・純金積み立てで保有している金・ジュエリーなどのことで、いわゆる金製の「高級品」「ぜいたく品」と呼ばれるものが該当するというイメージでOKです。

ただし、金製品単体で相続税がかかるというのではなく、預貯金や不動産など他の相続品と合計し、その額から基礎控除額を差し引いた額が0円を超えている場合、つまり残高がある場合にその残高に対して課税され、申告が必要になります。

評価額は金製品の購入時ではなく、亡くなった日を基準にいくらかを計算します。

金製品ごとに微妙に評価額の確認方法は異なり、インゴッドは刻印されている業者に問い合わせ、地金型金貨は額面通り(明治時代の金貨や記念メダルは除く)、ジュエリー類は買取業者で査定します。

買取店では無料で査定をしていますので、ジュエリー類以外にも「金が入っているのでは?」と思うものがあれば、一緒に持参し査定を依頼してみましょう。

よろしければ試しに今日の金買取価格,1gの相場を確認してみませんか?