金を買取店で売却した際の税金の計算方法は?

金を買取店で売却した場合、税金が発生して申告が必要になりますが、肝心のその額がいくらになるのかが一番気になるところだと思います。

ここでは、課税対象部分の計算方法について詳しく解説していきます。

まずは、譲渡益から計算していきます。

譲渡益の計算方法は、<売却金額‐(取得価格+売却費用)=譲渡益>です。

取得価格とは購入時の金の価格で、売却費用とは買取時にかかった費用(手数料など)のことです。

これらを諸々差っ引いて残った純粋な利益のことを譲渡益と呼びます。

これで得た譲渡益を元に課税対象を算出するのですが、これは金の所有期間が5年以内か5年を超えるかによって変わります。

5年以内の場合は「短期譲渡所得」の扱いとなり、計算方法は<(金の譲渡益)+(その他の譲渡益)-特別控除50万円=課税対象の所得>となります。

一方、5年を超す場合は「長期譲渡所得」の扱いとなり、計算方法は<{(金の譲渡益)+(その他の譲渡益)-特別控除50万円}÷2=課税対象の所得>になります。

なお、短期譲渡所得と長期譲渡所得の両方がある場合は、短期譲渡所得を優先して控除額を差し引きます。

控除額が残っていれば、続いて長期譲渡所得から差し引いて算出します。

確定申告をする際には十分注意しましょう。

慣れない人にとっては少し複雑で難しいように感じるかもしれません。

買取時に査定員に確認してみるか、Webの計算ツールを使うのもおすすめです。